飯田商店の畑

茨城県にある『飯田商店』は野菜の生産から
卸売業までを一貫して行っています!

飯田商店の畑
飯田書店城里ファームの長ネギ畑
飯田商店のズッキーニ畑
茨城県城里町を流れる一級河川の那珂川
Arrow
Arrow
Shadow
Slider

飯田商店について

飯田 耕平
私は農業が抱える高齢化問題や後継者不足に危機感を抱いてきました。
そのため飯田農場では若者から年配者まで男女問わず働きやすい環境づくりに力を注いでいます。
消費者に喜ばれる美味しい野菜を作るには、作り手の確保が不可欠です。しかし、今の時代はこんな話をよく耳にします。
「農場はあるけれど作る人がいないから・・・」
そんな逆境の中でも私達は農業に恵まれたこの茨城の豊かな大地で、野菜作りから小売店にお届けするまでの過程を行っています。
強い情熱と高い志を持ち、とにかく前向きな方、私たちと一緒に働きましょう。
日本の農業を支えるにはあなたの力が必要です。

株式会社飯田商店 代表 飯田耕平

城里ファーム

iida_13

城里ファームとは

飯田商店の畑、城里ファームは茨城県城里町にあります。
城里町は茨城県の西北部、足のような形の足首辺りにあります。那須岳を始原する一級河川の那珂川沿いです。

2005年に発足した新しい町で、読みは「しろさとまち」。
徳川御三家の一つ水戸徳川家の居城が南にあったことから「城」、のどかな風景を連想して「里」の字をとりました。

日本のふるさとを連想させる優しい自然にあふれたこの場所で、安心で安全な野菜を作っています。

飯田商店のねぎ畑

ファームの畑

城里ファームの総面積は約7ha(ヘクタール)。東京ドームだと約1.5個分、坪数で換算すれば約21,200坪にもなります。
農薬は最小限に抑え、主に自社生産の有機肥料を使って野菜を育てています。

栽培した植物を土と一緒に耕して肥料にする緑肥と動物の堆肥と使用し、より自然に近い肥料・土作りをしています。
肥料からこだわった私達の野菜、こちらでご確認下さい!

飯田商店 城里ファームのトイレ

ファームのお手洗い

靴を履いたまま使用できるお手洗い。もちろん男女別で完備しています。
スニーカーやズックとは異なり、長靴は着脱が少し面倒です。

お手洗いに行くだけのほんのすこしの時間なのに、毎回長靴を脱ぐのは大変・・・。

その点、城里ファームのお手洗いは外履きのまま使用出来るためとっても効率的!
清掃も行き届いて、スタッフからも綺麗で使いやすいと好評です。

iida_04

ファームのお風呂

城里ファームに来た方は必ず驚くことでしょう。ここのお風呂は圧巻です!!
ひのき風呂の本場、岐阜から特別に注文をした大型のひのき風呂で、職人さん曰く、こんな大きいサイズは未だかつて作ったことがないそうです。大人2人がゆっくり入れます。
ひのきのいい香りがして、疲れた心と体を癒してくれます。裸の付き合いでコミュニケーションもばっちりです。
もちろんシャワーも完備で夏場の汗もサッパリと流して快適に過ごせます。

iida_06

ファームの休憩室

冷暖房完備のゆったりとした休憩室。
心身をリフレッシュするには欠かせない場所です。
各自のリフレッシュ法で有効に使ってください。

iida_05

休憩室の薪ストーブ

ひのき風呂と並んで見て頂きたいのがこの薪ストーブ!
誰でも一度は憧れる薪ストーブが、休憩室の一角に設置してあります。
イミテーションではありません、本物です!
休憩室の外にはうず高く積まれた薪の壁がそびえています。

厳しい冬場の作業後も、優しいぬくもりで体の芯から温めてくれます。
お風呂と共にスタッフの憩いの場となっています。

iida_06

城里ファーム事務所

城里ファーム事務所の外観です。先ほど紹介しました
「ファームのお風呂」
「ファームの休憩室」
「休憩室の薪ストーブ」

はこの中にあります。


本社工場

本社工場は茨城県西部、利根川北岸に位置する坂東市にあります。坂東市は平成17年(2005年)3月22日の岩井市と猿島町の合併に伴い、平成15年11月、合併協議会において新市名称を公募したところ、「坂東市」と選定されました。
本来の「坂東」は関東地方全体の古名。これは、足柄峠・碓氷峠などの山を「坂」として見立て、以東の諸国を「坂の東=坂東」とされていたことによるそうです。当市はその関東地方のほぼ中央に位置し、関東平野を代表するような雄大な都市を目指すとして選定されました。また、同市を流れる利根川の古くからの愛称である「坂東太郎」にも由来するようです。
本社工場には従業員30名が在籍しており、城里ファーム等から運ばれてきた野菜を丁寧に袋に詰めて、取引先に出荷しています

iida_14
本社工場に届いたばかりの野菜たちです。
城里ファームや農協等から続々入荷します。

野菜のパック・袋詰め作業

パック詰めされた野菜たちは主に都内へ運んでいきます。
ここまでが飯田商店の役目、ここから先は小売店にお任せ致します。
新鮮野菜たちを早く手に取って見てみたいとお思いでしょうが、店頭に並ぶまでもう少しお待ちください。