飯田商店の畑

茨城県にある『飯田商店』は野菜の生産から
卸売業までを一貫して行っています!

飯田商店の畑
飯田書店城里ファームの長ネギ畑
飯田商店のズッキーニ畑
茨城県城里町を流れる一級河川の那珂川
Arrow
Arrow
Shadow
Slider

10月採りの新生姜播種

こんにちわ!飯田商店、飯田です。

飯田商店では10月に収穫予定の「新生姜」の播種(種まき)を行っています。

4月の中旬あたりに種まきをした、8月に出荷予定のものとはまた別の「新生姜」。
収穫時期がことなりますので、栽培方法も異なります。

4月の「新生姜」は「トンネル栽培」という手法を用いて栽培しますが
今回は黒いビニールが畑に敷かれています。これは一体どういうことでしょうか。

黒いビニールをなぜ敷くのか

これは、黒いビニールを地面に敷くことによって、収穫の季節をずらすことが出来ます。
黒いビニールを敷くことで、光を通さなくします。植物の発芽には光が必要なことが多いため、草が生えなくなります。
もう一つの理由としては、黒いビニールを敷くことで土が暖まります。
黒は赤外線(熱)を吸収するため、土の温度が、むき出しの状態のときよりも高くなります。

土が暖まれば、野菜の生育は良くなります。
黒いビニールをかけて育てた野菜は季節が少しずれたように感じるのです。

つまり、黒いビニールを掛けることによって
・太陽熱を受けやすくし、野菜の育ちを良くする
・光を通さないため、草が生えない

こういった利点があります。

同じ「新生姜」でも播種の時期によって、栽培方法も変える

お客様に一番いい状態の野菜をお届けするために、日々精進しております。